080-3725-0226

ブログ

2018/01/26(金)

加湿のしすぎは気をつけて!!

カテゴリー:その他

 

From  治療院のデスクより

おはようございます!

余裕があるのでブログを2個書かせてもらってます^^

今日は時間に寒さだけでなく、カラカラに乾いた空気から受けるダメージも大きいこの季節。室内だけでも、湿度調整をきちんとして快適にすごせるようにしましょう!

  • 湿度は高い方がいい??

冬に風邪やインフルエンザが蔓延するのは、空気が乾いてウィルスを運びやすくなっているから、というのはご存知のことと思います。また、乾燥していると、肌が荒れる、火事の危険性が高まる、などデメリットが多くありますから、乾燥対策は一刻も早くしたいもの。

しかしだからといって、加湿器をフル稼働させて湿度を高く保てばいいものでもありません。加湿のしすぎによる最大のデメリットはカビです。

カビは肺に入ると深刻な病気につながります。加湿器も、ものによってはカビ菌までばらまくものもあると言われていますので、カビの発生には充分注意してください。

目安として、窓に結露が出てきたら湿度を上げ過ぎたと考えてください。できたら、温度計と湿度計を部屋に取り付けて、室温20℃・湿度50%くらいを保てるといいでしょう。

  • 自然に優しい加湿を

加湿器は、冬場以外はなかなか出番がないため、約1年ぶりに使うとなると汚れなどが気になるもの。お手入れも結構大変ですね。あまり機械に頼らず自然な状態を好む方には、自然に優しい加湿方法がお勧めです。

まずひとつは、「超簡易加湿器」として、清潔なタオルを濡らして室内にかけておきましょう。あまりに乾燥がひどい時には、大きめのタオルにします。注意点として、手を洗ったタオルなどには菌がいますので、洗濯したばかりのタオルか新品を使ってください。また、タオルを濡らす前に石鹸で手をよく洗うこと。せっかく清潔なタオルを使っても、手から菌を移してしまっては台無しです。

もうひとつは、観葉植物を置くこと。こちらは水をやったり日に当てたりと、少し手間はかかるものの、土と葉からの蒸発による加湿で、外気に近い状態を作ってくれるので、健康面でもプラスに働いてくれます。室内に緑があるというのは、目や心にもいいものです。

葉の大きい植物の方がより効果的ですが、スペースがない方は、水栽培の球根でもOKです。

 

湿度って大切ですが加湿しすぎるとカビの原因にもなります。

体調を崩さないようにするには、環境づくりも大切にです。

体調管理に気をつけ元気な毎日を過ごしましょう!

本日もブログを読んで頂き本当にありがとうございました!

 

正しい評価と施術を受けて根本的に肩こりのない体を手に入れてみませんか?

 

↓↓

 

木更津市唯一の肩こり専門整体 整体院 真輝〜しんき〜

 

HPはこちらから

 

 

 

10月26日(月)まで
先着3名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

080-3725-0226

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。