080-3725-0226

ブログ

2018/02/09(金)

足の裏が痛い人いませんか?

カテゴリー:足底筋膜炎

 

From  治療院のデスクより

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門

 

 

整体院 真輝〜しんき〜

 

こんにちは!

今日も朝から寒かったですね。

木更津市ではインフルエンザが流行っているみたいですが、

皆さんはいかがでしょうか?

今年は例年以上にインフルエンザにかかる方が多いみたいですね。

体調管理しっかり気をつけてくださいね^^

やはり風邪をひかない1番の方法はしっかり寝て、バランスのいい食事、

そして適度な運動です!!

忙しいとは思いますが意識してみてくださいね^^

 

さて今日は先ほど来院していただいた方が足の裏が痛いということで、

来院してくれたのですが、足の裏が痛いという方結構多いのではないでしょうか?

実は僕もよく足の裏痛くなったりします。わら

それは何なのかというと、おそらく足底筋膜炎なのではないかと思います。

 

人間の足は、いくつかの骨が前後方向と横方向にできるアーチ状の構造になって

おり、歩行や起立時の衝撃を吸収しています。

このアーチを下から支えるのが足底筋膜という膜状の腱組織で、

かかとから足の指の付け根まで広がっています。

この組織に細かい断裂が生じてしまい、炎症が起こるようになった病気が足底筋

膜炎です。

人間は直立二足歩行をするようになり、常に足に体重の負荷がかかる生活を余儀

なくされ、それにともない足にアーチが形成されたと考えられています。

足のアーチのクッションは、立っている間常に緊張し続けているため、

足にかかる過剰な負荷が原因で足にダメージを負い、

足底筋膜炎などのような病気が生じてしまうと考えられています。

また、自分の足に合わない靴を履いていたり、歩き方が悪いと、

余計に足に負担がかかり痛みを誘発してしまう原因にもなります。

また、足の裏の硬さが続くと、収縮性がなくなり踵の骨が

だんだん尖ってきます。(骨棘)

そうなると踵をつくと痛みが出ます。

棘はそのままで痛みの軽減を待つしかないと言われていますが、

そうなる前にしっかり処置をしておく必要があります。

 

足底筋膜炎の場合、足まわりを施術するのは大切だと思いますが、

僕はよくお尻の硬さを見ます。

現代人は歩行がうまくできていない方が多く、外重心の方が多いかなと

思います。あなたは歩くとき、立っているときどこに重心が入っているか

意識したことはありますか?

小指側に重心が寄っていませんか?

その場合そと重心と言えます。

普段から外重心で生活していると、お尻の筋肉に余計なストレスを

与えてしまい、お尻の筋肉も硬くなってしまいます。

そうなると足だけ施術しても、その人の癖が取れていないので

またすぐに再発してしまうことが考えられます。

足の状態が悪くなればそれより上は悪くなります。

なので足ってみなさんが思っている以上に大切なんですよ!

しっかりケアーしてあげてくださいね!!

本日もブログを読んで頂き本当にありがとうございました!

 

正しい評価と施術を受けて根本的に肩こりのない体を手に入れてみませんか?

 

↓↓

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門整体 整体院 真輝〜しんき〜

 

HPはこちらから

 

 

 

 

 

10月26日(月)まで
先着3名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

080-3725-0226

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。