080-3725-0226

ファスティングしました^^

こんにちは^^
12月にファスティングを3日間行いました!!

ファスティングとは簡単に言うと断食です。
ファスティングは主にダイエット目的で行う方も
多いと思います。

現に僕も今回のファスティングで
『−3.8キロ』減量しました。

ですが、その他にも身体の中に溜まりがちな
毒素を排出するデトックスや、

体重を減らすだけでなく花粉症や生理痛などの
不定愁訴に対する体質改善を目的として行われます

デトックスを行い身体の中(特に腸内環境)を
綺麗にすると身体は痩せやすくなります。

身体に毒素が溜まると栄養の吸収率や
身体やお肌にも影響が出ると考えられます。

また慢性的な頭痛、生理痛などといった症状の
原因にもなりかねません。

ですがお水やお茶だけでファスティングを
行うと活動エネルギーが足らず、

一時的には体重は落ちるものの
リバウンドする確率が確率が
非常に高いものとなってしまいます。

ダイエットもそうですが、頭痛、生理痛など
症状に長年の悩まれているなら、
是非一度当院の施術を試してみませんか?

毎月先着2名様限定で健康美容ダイエットコースを
初回1980円でお試しできますので、
ご気軽に連絡頂ければと思います^^

自分で整体し健康寿命を伸ばそう!!

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門

整体院 真輝〜しんき〜

 

 

 

 

こんにちは^^

先日千葉県では大雨が降りました。

9月は台風、10月も台風で今回は大雨と

被害がひどいです。

 

 

人類がどれだけ頑張っても自然には勝てないと再確認

しました。常に災害に備えておく必要がありますね^^;

今回は姿勢についてです。

骨は僕たちの身体を支えるのに非常に重要です。

臓器などを守るなど、生命活動に欠かせない

ものと言えます。

 

 

しかし近年食生活の悪化や運動不足などにより

現代人の骨はもろくなっていると言われています。

 

 

よくテレビでも骨粗鬆症を予防するサプリなどが

紹介されているので需要はあるんでしょうね^^

私たちが普段何気なくとっている姿勢ですが、

特に座っている時間が長くなっていませんか?

 

 

座って長時間スマホ、PC作業をしていると、

慢性的な首、肩こり、腰痛の原因になります。

 

 

本来私たちは、2足歩行です。

という事は2本の足でバランスをとらなければいけません。

 

 

例えば猫背になって背中が丸くなっていると

その状態でも頭が支えられるように、

 

 

それに合わせて筋肉がつき、周辺の骨が変化してきます。

これが習慣や姿勢の癖によって生じた歪みの正体になります。

 

 

そこから負担がかかり骨がもろくなって変形が出たりします。

骨の変形が出て症状が出るとは限りませんが、

変形してしまった骨は自分では改善することはできません。

 

 

首、腰のヘルニアや分離症、変形性膝関節症など、

痛みの出ている部位だけ改善しても、

 

 

普段私たち自身の姿勢を意識して改善しないと

なかなか症状は改善しません。

 

 

正しい姿勢が健康的な骨を育むことを忘れずに!!

日々意識することが大切になります^^

 

 

皆さんも健康寿命を延ばしていけるよう

日々頑張っていきましょうね^^

本日はそう言った話で。

ブログを読んで頂きありがとうござました!!

 

 

 

HPはこちらから

足の歪みからくる肩こり

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門

整体院 真輝〜しんき〜

 

 

 

 

こんにちは^^

今日は昨日と打って変わって暖かいです^^

ここまで気温差があるか身体がツラいです。

 

 

くれぐれも体調管理には気をつけましょう!!

インフルエンザも少しずつ流行ってきているみたいです^^;

本日は足についてです!!

なんで足なのかですが、腰痛や肩こりの原因にもなり得る

非常に大切な部分だからです。

 

 

私たちの全身を支える要になるのが足です。

普段の生活で殆どの時間地球に接している部位にもなります。

 

 

現代では運動不足や靴の影響で足が正しく使えて

いない方が多いです。

 

 

その結果扁平足や外反母趾、浮き指といった足の骨に

関係する問題が多く生じています。

 

 

足に何らかの問題が生じれば、その不安定性を

補うために本来あるべき位置から重心が後ろにずれて、

踵にかかります。

 

 

その結果後ろに傾いた身体を支えるために、腰が曲がったり

頭も前に倒れるといった形で全体のバランスを取ろうと

します。

 

 

その重心をとるのに重要といわれているのが、

MP関節と舟状骨です。

 

 

 

 

 

MP関節は足趾の付け根の関節のことを

言います(上記図参照)

歩く時に靴が折れ曲がる部分になるのですが、

この部位が柔軟であれば歩く力を得ることができます。

 

 

舟状骨は幾つかある足の骨の中で要石となる

役割をしています。

ここにうまく重心を載せることができると

まっすぐ綺麗な姿勢を保つことができます。

 

 

 

内側アーチは母趾の付け根と踵を結ぶ

アーチのことをいいます。

 

 

歩いたり走ったりするときに衝撃を吸収したり

神経の保護や疲れの緩和にも役立っています。

 

 

このアーチが潰れると扁平足と言われる

状態になっています。

 

 

外側アーチは小指の付け根〜踵を結ぶアーチの

ことで、体重を多く支える部位になります。

O脚の人は外側アーチが潰れる事で起こります。

 

 

横アーチは親趾〜小趾の付け根のアーチで、

歩く際に前方への推進力をつける役割です。

 

 

ハイヒールや高い靴を履いていると、

横アーチが潰れてしまい、外反母趾や魚の目が

できやすくなります。

 

 

足には色々な骨や関節があります。

足がずれると骨盤や首もずれてきます。

 

 

施術をしてもなかなか改善しない膝、腰、肩の

症状を訴えるクライアントさんがいたら、

足部を見てあげるといいと思いますよ^^

 

 

本日はそう言った話で。

ブログを読んで頂きありがとうございました!

 

 

HPはこちらから

 

 

 

 

 

後頭部に多い頭痛の原因

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門 

整体院 真輝〜しんき〜

 

 

 

 

こんにちは^^

今日も雨で寒いです^^;

都内では即位礼正殿が行われていますね。

国にとってはとてもめでたいことなんですが、

先日の台風の被害が甚大な為に、なんか複雑な気持ちです。

 

 

さて^^

本日は頭痛についてです!

肩こりの方は頭痛もあるっていう方が非常に多いと思います。

 

 

そこで今日は頭痛の原因になっている事が多い筋肉に

ついて考えていきたいと思います。

 

 

頭痛といっても眉間やこめかみ。

側頭部、後頭部など人によって症状は違うかと思います。

 

 

今回はその中でも後頭部についてです。

個人的には肩こりで併発している中で1番改善しやすいと

思っています。

 

 

それはなぜかというと原因になっている筋肉が殆どが

後頭下筋群だからです。

 

 

※上記の青い箇所が後頭下筋群

我々は普段PCやスマホなど見ている時間が長いと言われています。

そうなるとだんだんと猫背になってきます。

猫背になると目線は自然と下向きになりますが、それでは見たいものが見えない

ので猫背の状態で顔を正面に向けることになります。

 

 

そうなると身体は後頭下筋群に頭の重みが一気に集中し、

筋肉はだんだん硬直してしまいなす。

 

 

さらに、同じものを見続ける事も悪化させてしまいます。

後頭下筋群は目の動きとともに動く一方で、頭を固定する役割もあります。

 

 

PCの画面のあちこちに視線を移すには、両方の働きが常に要求されます。

首の後ろは緊張状態が続き後頭下筋群が硬くなると、

その表面を覆う僧帽筋とい筋肉も硬くなってしまいます。

 

 

後頭部から肩全体に重だるい症状がと出たりします。

もちろん職場のストレスも首こりを悪化させます。

 

 

イライラすると無意識のうちに歯をぐっと食いしばり、

眉間にシワを寄せ肩に力が入ると、このような姿勢も

首の後ろを硬直させてしまいます。

 

 

デスクワークは後頭下筋群を硬くさせてしまうのが何となく

理解してもらえたでしょうか?

 

 

後頭下筋群が硬くなると、密集している神経

(後頭下神経、大後頭神経、小後頭神経)などといった

神経が圧迫されます。

 

 

これらの神経は、頭の後ろ側や耳、目など幅広いエリアを支配しているため、

圧迫されると耳鳴りがしたり、目の奥が痛い、頭痛が起きることもあります。

 

 

よくクライアントさんで湿布を貼るのはどうですか?

と聞かれる事がありますが、

炎症を抑えて痛みを抑えるという意味では有効ですが、

筋肉をほぐすわけではないので、一時しのぎにしかなりません。

 

 

ですので、きちんとご自身でこの部位をマッサージするか、

接骨院など専門方にきちんと施術を受けた方がいいと思います。

 

 

ただ首まわりはとてもデリケートな部分ですので、

知識がない状態で強く揉んだり、無理にねじったりするのは

絶対にやめてください!!!

 

 

頭痛の全ての原因が後頭下筋群とは限りませんが、

現代人のライフスタイルから考えると、後頭下筋群が関わっている事が

非常に高いので是非一度この部位をマッサージしてあげて下さいね^^

 

 

本日はそう言ったお話で!

ブログを読んで頂き本当にありがとうございました。

 

 

HPはこちらから

 

 

病院でも改善しなかった肩外旋痛の原因

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門 

整体院 真輝〜しんき〜

 

 

こんにちは。

台風が去って安心していたらまた台風が来るみたいですTmT

 

 

いい加減台風は発生して欲しくないですが、

こればっかりは天災なんで仕方ないです。

 

 

まだ10月なんですがインフルエンザ流行出している

みたいですが早すぎません^^;??

 

 

実際にクライアントさん先日インフルエンザにかかった

みたいです。

しっかり免疫力高めて体調管理気をつけましょう!!

 

 

先日台風明けに久々に肩を動かすと痛みがあるというクライアントさんが

来院してくれました。

 

 

相変わらず元気な方なのでお話していてこっちも

元気になっちゃうそんなエネルギー全開な方です^^わら

 

 

このクライアントさんは、元々肩に石灰があり痛みがあったそうで

オペで除去してもらい、痛みや痺れがなくなったのですが、

最近方を動かすと痛みが出たり、可動域が狭まってしまったらしく

来院してくれました。 

 

 

本人は「また石灰ができたか心配」と話していましたが、

今回は違いました。

筋肉が原因になっていました。

 

特に動きが悪かったのが外旋の動きでした(上記の図)

小円筋、棘下筋の硬さがあったので、リリースしたのですが

それでも半分くらい違和感が残りました。

 

 

 

 

再度評価すると親指(母指球筋)が異様に緊張していたので

リリースすると肩の違和感は全くなくなりました。

 

 

元々手先をかなり使うので、硬結ができやすいのと、

筋膜で親指から肩甲骨まで繋がっているので、

今回の原因になっていたと考えられます。

 

 

やはり肩が辛いからといって肩周りだけでなく

しっかりクライアントさんの話を聞いて、

全身を評価する必要があるんだなと思いました。

 

 

これから寒くなってくると肩が凝りやすくなったり

腰痛が出やすくなってきます。

しっかり身体のメンテナンスはしてあげてくださいね^^

 

 

本日はそう言ったお話で^^

ブログを読んで頂きありがとーございました!!

HPはこちらから

 

反り腰改善

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門

 整体院 真輝〜しんき〜

 

 

こんにちは!!

今回は肩こりではなく腰痛についてブログを書いて

いこうかなと思います。

 

 

ここ最近腰痛患者さんが多かったので、そこで気づいた事を

シェアーできればなんですが、

 

 

今回来て頂いた患者さん(中学3年生)で、前に通っていた接骨院では、

患部に電気をかけて、マッサージといった感じの施術だった

みたいなんですが、特にそれを否定するつもりではないのですが、

 

 

その方は反り腰だったんですが、腹筋を鍛えろ!!と

指導してもらったらしいのですが、

正直それでは反り腰は改善できないと思います。

 

 

そもそも反り腰はこんな感じなのですが。。。

よくお尻を突き出してたっている方になるのですが、

 

 

僕が上記で腹筋を鍛えて反り腰は改善できない!!

と言いましたが、正確に言うと順番が違うんですよね^^;

まず腰のメカニズムを考えると、腰骨は可動域がある方では

ありません。

それよりも動きがあるのは股関節になります。

 

 

なので反り腰の方の殆どは股関節、太ももの前の筋肉が

硬くなっているケースが非常に多いです。

 

 

そのため股関節の動きが低下すると、代償の動きとして

腰にきます。

太ももの前の筋肉が硬いと骨盤を前傾させてしまいます。

 

  

なのでまずは股関節周りをしっかり緩めてあげることが

大切です!!

勿論全ての反り腰の原因が股関節だけではないと思います!!

なのでまずはしっかり検査(評価)をして頂きその人の

身体の状態にあった施術をしてあげて下さいね^^

決して自分の施術を相手に当てはめてはダメですね^^

本日はそう言った話で終わりにしようかなと思います。

本日もブログを読んで頂きありがとうございました!!

 HPはこちらから

 

ここ辛くないですか?

 

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門 整体院 真輝〜しんき〜

今日もサボらずブログを書いています^^わら

今週選挙があるため、立候補される方々は選挙活動

熱心にされていますね。

投票日は選挙に行かなきゃですね。

 

 

さて今回のブログでは首から背骨にかけて痛みがある症状に

ついて書いていこうかなと思います。

 

 

上を向くとなんか詰まる感じがしたり、違和感が常にある

といった症状はありませんか?

僕のとこに来ていただいているクライアントさんの

ほとんどがこういった症状を訴えることが多いです。

 

 

ではなぜこの部分に症状が出るのか?なんですが

色々原因は考えられると思いますが、今回は胸筋が原因に

なっていることが多いので、そのことについてです。

 

 

背中が丸々と状態で頭を上に上げてみてください。

上がりにくくありませんか?

 

 

逆に胸をしっかり張った状態で同じ動きをしてみてください!

上が向きやすくなっていませんか??

 

 

身体が丸まった状態でいると首の可動域が失われ負担をかけて

しまいます。

そのため、猫背を改善しなくてはいけないのですが、

この場合大、小胸筋が硬くなってしまうのでここをしっかり

リリースしてあげてください!

 

 

そうなると自然に胸が張りやすくなりますので

首の違和感は改善できると思います。

是非、お試しくださいね!

 

 

本日はそう言ったお話で。

ブログを読んで頂きありがとうございました。

 

 

HPはこちらから


階段を降りた時の膝痛

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門 整体院 真輝〜しんき〜

 

 

こんにちは^^

いよいよ4月に入り暖かくなってきましたが^^;

夜は寒い!!!

昨日は1日横浜でセミナーだったのですが、

夜になると寒い!!

息を吐いたら白くなったので本当にびっくりしました!

 

 

いったいいつになったらコートをしまうことができるのか。

早く暖かくなってほしいですね^^

 

 

時期的に学生さんは入学式を終え、新社会人さんは新たな職場で

働き慣れなくて色々気づかれしますよね。

 

 

僕も働いた時は毎日毎日大変だったのをよく覚えています。

あの時お世話になった先輩や職場の同僚には本当に感謝ですね。

 

 

さて今日は膝の痛みについてブログを書いていこうかなと思います。

先日来た患者さまが、段差を降りた時に膝の内側が痛い!

という方が来院したので、その症状を改善できたことについて

書いていきます!!

 

 

段差を降りる時に膝に痛みが出る方のほとんどが、

重心が後ろになっていることが多いです。

それは階段を降りる時に痛みが出るので、自然と痛みが

出ないように後ろ重心になり、結果膝に大きな負担をかけて

しまっていることが多いです。

 

 

この場合全体的に施術をしていくのですが、初回から時間をかけ

施術すると大体が失敗し、体がだるくなったりします。

 

 

理由は上記の症状の場合、ほとんどがお年寄りに多いので、

刺激を入れすぎると、その刺激量に耐えることができないので

余計に身体が辛くなってしまうと思います。

 

 

なので僕が今回施術したので足首の動きのみです。

膝が痛みが出る場合、足関節背屈の制限があることが多いのです。

 

 

 

 

さらに背屈をした場合、内側、外側のどっちの動きが悪いかも

確認をとってあげてください。

そして距骨という骨の位置を調整すると、重症化していなければ

膝の痛みは劇的に改善できるかとおもいます。

 

 

 

膝の痛みでなやまれている方がいましたら、是非足の動きと

距骨を調整してあげてみてくださいね^^

 

 

本日はそう言った話で。

ブログを読んで頂きありがとうございました。 

 

 

HPはこちらから

 

整体院にくる方はほぼ猫背

 

 

 

 

こんにちは

11月に入り暗くなるのが早くなってきましたね。

 

 

ちゃくちゃくと冬に近づいているんだなと

再認識しました。

 

 

全国的に紅葉が綺麗になってきましたね。

先日群馬の方に紅葉を見に行ってきましたが、

とても綺麗でした。

 

 

 

 

綺麗ですよね。

空気も良かったしいい気分転換になりました。

 

 

僕の住んでいる地域(木更津)では、台風の影響で

葉っぱが枯れてしまい、紅葉が全然綺麗では

ないんですよ。

 

 

塩害らしいのですが、家のポストが錆びてしまったり

色々な部分で影響が出ています。

 

 

さてそろそろ本題に入りますが、

最近とても来てくれている方で猫背が多いです。

 

 

猫背について色々ブログを書いていこうかなと

思います。

 

 

本来人間の身体はS字型をしている背筋ですが、

生活週間など様々な要因によって背中が後ろ側に

向かって曲がってしまう事から背骨が丸くなり、

首と肩が前方に突出してしまう状態が猫背です。

 

 

僕たちはとにかく座っている時間が長く身体を

丸めてしまうことが多いです。

 

 

またスマホやパソコンを使っていると身体を丸めて

頭が前に出てしまいます。

 

 

これを長時間同じ姿勢ですと猫背になってしまいます。

猫背にならないようには、やはり普段の生活を見直す

必要があります。

 

 

猫背になると改善できないの?

とよくクライアントさんに聞かれるのですが、

改善はできます。

 

 

その改善すべき筋肉を話していこうかなと思いますが、

1つ目は胸の筋肉で、大、小胸筋です。

 

 

特に大胸筋は身体の中でも結構大きい筋肉になります。

となれば当然疲労しやすい部位と考えられます。

 

 


 

長時間身体を丸めると胸の筋肉が縮んでしまい、

だんだんと身体が丸まり、肩が巻き肩になる可能性が

高くなります。

 

 

これでもう猫背になる可能性が高くなります!

他にも必ず見なければいけない部位はありますが、

それは次回でお伝えしようかなと思います。

 

 

本日はそう言ったお話しで。

ブログを読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

HPはこちらから

猫背からくる肩こりの原因

  

 

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門 

整体院 真輝〜しんき〜

 

 

こんにちは!

昨日は真冬なみに寒かったですね^^:

もう4月なんですがこの寒さはきついですね。。。

 

 

今は入学式シーズンなのでいい加減暖かくなってほしいですし、

雨が降ったり風が強いとせっかくの桜が散ってしまうので

これも勘弁ですね^^;わら

  

今日は姿勢の悪い状態からくる肩こりについて

考えてみようかなと思います。

 

 

僕の整体院は肩こりメインで様々な患者様を見させて

頂いているんですが、肩こりの方はほぼ姿勢が悪いですね。

その姿勢の悪さのほとんどが「猫背」ですね!

 

 

 

↑こんな感じです。

僕も今PC作業をしていますが思いっきり猫背になっています。わら

 

 

ただ現代人はPCやスマホを使うことが多いので、

この姿勢になることが多いはずです。

 

 

猫背の姿勢をとると肩甲骨が外側に引っ張られ、

前方に倒れます。

そして背中の上部が丸まってきます。

そしてこの姿勢を保持していると菱形筋という筋肉が

伸びきってしまいます。

 

 

 

青く光っているのが菱形筋なんですが、肩甲骨にがっつり

くっついていますね。

菱形筋は常に緊張していて背中上部をまっすぐに保ってくれる

働きがあります。

 

 

しつこい肩こりの多くは、肩甲骨の位置が下がっていたり、

肩甲骨が前に突出していたり、肩甲骨の位置に根本の問題が

あることが多いです。

 

 

また菱形筋は立位姿勢時に常に緊張しており、

肩甲骨を適切な位置に保つ働きがありますが、

筋力が弱っていたり、機能不全に陥っていると、

僧帽筋に余計な負荷が掛かってしまいます。

結果、僧帽筋などの肩甲骨に付着する他の筋肉に肩こりの症状である

痛みやだるさが出現しやすくなります。

 

 

デスクワークや猫背の状態が長いと菱形筋に対してさらに

ストレスがかかってしまいます。

表面上にある筋肉ではないので、なかなか触れにくい箇所になって

いますが、この筋肉をしっかりほぐしてあげると肩こりが

改善できると思います。 

 

 

肩こりが辛くてただ闇雲にマッサージをしても改善には

つながりません。むしろ肩こりを悪化させてしまいます。

 

 

また原因もそのひとによって変わってきますので、

しっかり評価をしてあげることが大切になってきまよ^^

 

 

本日はそう言ったお話で。

ブログを読んでいただきありがとうございました。

 

 

HPはこちらから

 

 


五十肩〜その7〜

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門 整体院 真輝〜しんき〜

 

 

こんにちは。

今日も暖かいですね。

ただ風が強い。

これは花粉症の方には辛いですね^^;

 

 

今回も五十肩についてですが、原因になっているのが大腰筋です。

大腰筋は腰から大腿部についている筋肉です。

 

大腰筋の主な働きは、大腿直筋と共に股関節屈曲を

する動きに大きく関わります。

股関節屈曲動作は足を上げる動作のことを言います。

 

 

大腰筋は胸椎12番〜腰椎4番椎体、肋骨突起、

第1〜5腰椎肋骨突起から起始し、大腿骨の小転子に

くっついています、

 

 

 

 

大腰筋が硬くなると骨盤が前傾します。

さらに筋膜のつながりで、肩屈曲動作に大きく関わってきます。

 

 

 

 

もし肩屈曲動作で痛みがあり肩周りを施術しても変化がない場合

大腰筋をアプローチしてみると変化があるかもしれません。

 

 

デスクワーク、長時間運転している方は大腰筋は硬くなり

やすい状態といえます。

 

 

全身をしっかり評価をして何が原因なのかを見つけて

あげることができれば改善はできます!

 

 

本日はそういった話で。

本日もブログを読んで頂きありがとうございました!

 

 

HPはこちらから


 

 


 

 

五十肩〜その6〜

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門整体 真輝〜しんき〜

 

 


 

こんにちは。

最近雨が降っていて寒い日が続いていましたが、

今日は暖かいですね!

 

 

雨も必要ですがやっぱり天気が良い方が気持ちが良いですね。

洗濯物もよく乾きますね!

 

 

今日も五十肩についてです。

今回は肩を横に上げると痛い場合原因になっている

可能性が高い部位について説明できればと思います!

 

 

横に上げる際棘上筋という筋肉を使いますが、

ここが原因になっていることが多いです。

 

 

 

画像は右肩を後ろから見ています。

わかりにくいかもしれませんが、色が変わっている部分が

棘上筋になります。

 

 

棘上筋腱は肩甲骨側から上腕骨に付着しており、肩関節を外転(腕を横に持ちあげる)する役割を果たします。

 

 

棘上筋の損傷は若年者から高齢者まで広い世代に見られ、

怪我によるものや日常生活のなかで損傷や断裂が

 

 

起きる場合もあります。棘上筋は肩峰と上腕骨頭にはさまれているため、

小さな外力でも損傷しやすいと考えられます。

 

 

特に普段の生活で長時間デスクワークや運転をしていて

姿勢が悪いと余計に負担をかけてしまいします。

試しに身体を丸めて肩を横にあげてみて下さい。

 

 

あげにくくありませんか?

この姿勢を普段からとり肩を動かしていると

筋肉に負荷がかかり損傷につながります。

 

 

それが炎症につながり五十肩(肩関節周囲炎)の原因となります。

こういう場合肩を温めたり電気治療をしても意味がないですよね?

 

 

まずは肩の負担になっている原因を改善してあげないと

根本的には痛みが取れないですよね?

 

 

よく五十肩は繰り返しなったり、患側がよくなったら

今度は反対側が痛くなる方が非常に多いです。

 

 

それは根本的な部分を改善できていないからです。

全体的に身体のバランスを見る必要があります。

 

 

棘上筋は初動の外転動作に関わり、ある程度上げると

三角筋と言う筋肉が主に働きます。

 

 

肩の動かし始めに痛みがある場合、棘上筋に

アプローチしてみるといいかもしれません。

 

 

本日はそう言った話で。

本日もブログを読んで頂きありがとうございました。

 

 

HPはこちらから

五十肩〜その4〜

千葉県木更津市唯一の肩こり専門 整体院 真輝〜しんき〜

 

 

こんにちは!

今日も外は暖かいですね^^

今月も残り半分を切りましたが皆様はどお過ごしでしょうか?

僕は相変わらず毎日を忙しく過ごさせていただいています。

これも本当に通って頂ける患者様に感謝です。

 

 

今日も五十肩についてブログを書いていければと思います。

今日は変わった部位になるのですが、腕の内側の

筋肉が原因になっていることについてです。

 

 

腕の内側(内側上顆)より指3本上のあたりに

隙間があるのですが、そのあたりに筋膜の癒着が起き

筋肉の滑走性がなくなり、肩の動きに負担をかけ、

炎症が起きてしまい肩に痛みが出てしまいます。

 

 

そのためこの部位をリリースすると滑走性が出て

肩の動きが正常になり痛みが改善できます。

 

 

デスクワーク、長時間運転を長時間する方に多く、

腕を長時間曲げていると固くなりやすい印象があります。

 

 

五十肩の場合肩に原因あることはほとんどありません。

違うとこが原因で肩の可動性が失われ、炎症が起き

五十肩になっているケースがほとんどです。

 

 

また、安静にしていても痛みが強かったり、夜間痛があり睡眠が

十分に取れない場合はお薬や湿布もいいと思います。

 

 

ただ痛いからといって薬に頼っていると痛みが治まるどころか

余計に悪化してしまいます。

 

なので日中は痛みが強く出ない程度に肩を動かし、

専門の医療機関などに行って施術してもらうことをお勧めします!

 

 

症状が出て時間があまり立っていなければ改善も早いので

早めに施術してもらうといいと思います^^

 

 

本日はそう言った話で。

ブログを読んで頂きありがとうございました!

 

 

HPはこちらから

五十肩〜その2〜

千葉県木更津市唯一の肩こり専門 整体院 真輝〜しんき〜

 

 

こんにちは!

今日も木更津は寒いです。

朝起きたら雨が降っていました。

最近乾燥していたので丁度よかったかもしれないですね^^

 

 

さて今回も五十肩についておはなしできればなと思います。

この時期は寒いせいもあって痛みを訴える方が非常に多いです。

 

 

五十肩の場合レントゲンなどで検査しても肩の関節が

炎症を起こしているだけで、特に異常がないことが多いです。

 

 

そのため湿布、注射、痛みどめの薬を処方されて終わりに

なってしまうことが多いです。

 

 

もちろんそういった処置も大切にはなってきますが、

根本的な部分を改善できていないと、痛みが再発してしまう事が

多いのもまた特徴的です。

 

 

「痛みがなくなったけど、次は反対側が痛くなった」という

声はよく聞きます。

 

 

そういったことにならないようしっかりと改善して

いきたいですよね?

 

 

先ほどもお伝えしたように、五十肩(肩関節周囲炎)は、肩に

原因があることはほとんどありません。

 

 

前回は親指とお伝えしましたが、今回は紹介するのは

前腕の筋肉の腕橈骨筋という筋肉になります。

 

 

 

 

この部位は主に五十肩の症状の屈曲動作に関わっている

ことが多いです。

 

 

パソコン、スマホを使う現代、指を動かすことが多く、

また頻繁に重いものを持つ方は腕橈骨筋が固くなり、

 

 

筋膜のねじれが生じ、肩に負担をかけ、炎症が生じ

痛みが出てしまいます。

 

 

手のひらを上に向け状態(回外)で、肘の外側の出っ張りから

指2〜3本分したあたりに原因があることが多いので、

なかなか肩の痛みが改善できないのであれば、

腕橈骨筋が関わっているかもしれないので、

 

 

入浴中、もしくは入浴後にそのあたりを自分でマッサージして

あげてもいいかなと思います。

 

 

ぜひ試してみてくださいね!

本日もブログを読んで頂きありがとうございました!

 

 

HPはこちらから

五十肩〜その1〜

From 木更津のスタバより

 

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門 整体院 真輝〜しんき〜 

 

 

こんにちは。

今日は暖かいです!

 

 

寒い日が続いていましたが、

なぜか今日は暖かいです!

 

 

ただまた明日より寒くなり土曜日は雪が降るかも

しれないということで、気温の差が激しくなっていますので、

 

 

くれぐれも体調管理には気をつけてくださいね!

インフルエンザも流行っていますからね!

 

 

うちの玄関に梅の木があるのですが、

花が咲いていました。

 

 

 

 

とっても綺麗ですね!

春も少しずつですが近づいてますね^^

 

 

今日は五十肩についてお話をしていこうかなと思います。

最近患者さまで肩を動かすと痛みが出る方が多いので

ブログを書くことにしました。

 

 

五十肩って動かすと痛いんですよね。

特に多いのが、上着を着る動作や、車に乗っていて

後部座席のものを取ろうと手を伸ばした時に痛みが出やすいです。

 

 

あとは高いものを取ろうとした時に手を挙げると

痛みが出たり、ひどい時ですと、夜寝ていて

痛くて目が覚めてしまったりします。

 

 

こういった症状の場合、肩に石灰がある場合があります。

なので、まずは整形外科に受診することをお勧めします。

 

 

病院に行ってレントゲンを撮り、異常がなければ手技で

なんとかなると思います!

 

 

ほとんどの五十肩の場合、肩に原因があることはありません。

ではどこに原因があるかというと、肩以外にあります。

 

 

それらの原因になる部位を回数を分け説明していきたいと

思います。

 

 

まず今回は親指です。

正確にいう母指球筋になるのですが、

 

 

現代人は指先をよく使います。

筋肉は使えば硬くなります。

 

 

筋膜のつながりで母指球筋の筋膜がねじれ、

肩にストレスがかかり、正常な動きができなくなります。

 

 

そうなると肩関節に炎症が起きてしまい、

肩を動かすと痛みが出てしまいます。

これが五十肩の原因になります。

 

 

このような原理で色々な部位が原因にあることが

考えられます。

それらを今後ブログに書いていければなと思います。

 HPはこちらから

 

本日もブログを読んで頂きありがとうございました。

首こり、腰痛セルフケアー

 

 

From 治療院のデスクより

 

 

こんにちは。

今年は12月に入っても暖かいですね。

本当に12月?という日もあります。

やはり温暖化なんでしょうかね。

 

 

それでも12月になると首、肩、腰など

今までそんなにつらくない方も

つらくなったり、痛くなったりします。

 

 

そのせいもあって整体の方が忙しくなって

きています。

 

 

12月になるとお仕事などで忙しい方が

多いと思います。

 

 

そのため今回は簡単にできるセルフケアーを

動画にまとめましたので、見て実践してもらえればと

思います。

 

 

僕自身も実践して効果が出ているので

是非やってみてくださいね。

 

 

詳しくは動画で。。。

首痛、頭痛、腰痛セルフケアー

 

 

HPはこちらから

肩は揉んでも改善しない??

 

 

From  セミナー会場より

 

 

こんにちは!

今日は都内でセミナースタッフとして参加しています^^

 

 

休日にもかかわらず多くの先生方が参加されています!

そんな先生方にアドバイスさせていただくので、

責任重大かなと思い頑張っていければなと思います!

 

 

今日は受講生さんに聞かれた質問について

ブログを書いていこうかなと思います。

 

 

僕は肩こり専門整体をやっているのですが→(HPはこちらから)

受講生さん「どういうマッサージをしているのか?」と聞かれたのですが、

僕はほとんどマッサージのような施術はしません。

 

 

それは揉んでも根本的な改善は見込めないからです。

もちろんマッサージがダメという訳ではありません。

 

 

大切なのは何が原因なのかを見つけてあげることです!

 

 

辛いからその部位をマッサージすれば気持ちいいし、楽になると思います。

ただ2〜3日もすれば元に戻っていないでしょうか?

 

 

それは原因をしっかりアプローチできたいないからです。

特にマッサージで気をつけなければいけないのが、

強い刺激で行うことです。

 

 

マッサージ慣れしている方は「強く押してくれないと気持ちよくない」と

よく言う方が多いですが、これはかなり問題です^^;

 

 

何が悪いのかというと、感覚が鈍ってしまっていることです。

強い刺激でマッサージをすると、筋肉の繊維を傷つけてしまいます。

簡単に言うと打撲みたいな感じです。

 

 

打撲すると、紫色になりますよね??

強い刺激でマッサージをすると、身体の中でこういった現象が起きています。

筋肉の繊維を傷つけしまうほどのマッサージはかえって肩こりをひどくして

しまいます。

 

 

理想としては受けていて、痛気持ち良い強さ加減と、

眠くなるくらいリラックスできるくらいが丁度いいかと思います。

 

 

辛い肩こりをその場しのぎのマッサージや痛みどめ、湿布などで

誤魔化さないで根本から解決できるよう頑張っていきましょう!!

 

 

本日はそう言ったお話しで。

ブログを読んで頂きありがとうございました!

 

 

HPはこちらから

右肩甲骨内側痛み

 治療院デスクより

 

 

こんにちは。

最近天気がいい日が続いていますね。

 

 

洗濯物がよく乾く乾く。

ただ朝晩は寒くなってきていますね。

みなさんも体調管理には気をつけていきましょう!

 

 

今日きた患者さまが3か月前より右肩内側に

痛みがあるということで来院してくれました。

 

 

原因は特に覚えがなく、

気がついたら痛みが出てきたそうです。

 

 

いつも通り評価をしていたのですが、

右側に肩甲骨の位置が外側にずれていました。

 

 

また普段から下を向く癖があるため、

首周りの筋肉がカチカチに固まっていました。

 

 

評価が終わったのであとは施術をしていくのですが、

緩める部位は、後頭下筋群、胸鎖乳突筋、広背筋、前鋸筋、肩甲胸郭関節、

斜角筋を緩めてあげたら痛みは半分以下になりました。

 

 

ただ痛みがまだ残っているので、再度評価したら、

原因は左側のお尻に原因がありました。

 

 

立った状態で評価すると、左側に重心が寄っていました。

その際左臀部に負荷がかかっていると考えられたので、

評価をしてみたら、痛みがなくなったので、

お尻を調整しました。

 

 

肩周りが痛いとどうしても上半身を重点的に評価してしまいますが、

筋膜は全身つながっているので、全体を評価する必要があります。

 

 

ポイントは立位、歩行動作、あとは日常生活の過ごし方を

しっかり見て、聞くことが大切になります!

 

 

絶対とは言わないのですが、ちゃんとに評価をすれば

ある程度の痛みは取れるかなと思いますので、

評価をちゃんとに評価をしてあげてくださいね!

 

 

本日はそう言ったお話しで。

ブログを読んで頂きありがとうございました。

四十肩

五十肩

肩関節周囲炎

腱板損傷

夜間痛

脊柱管狭窄症

ぎっくり腰

背部痛

坐骨神経痛

など、身体の不調に悩みがありましたら気軽に

連絡いただければなと思います。

 

 

HPはこちらから

背中がツライ

 

 

From  治療院デスクより

 

 

こんにちは。

今日はとても暖かいです!!

 

 

洗濯物や布団を干したりするのに

最高の天候になっていますね!!

 

 

ただこれから少しずつ寒くなってきますので、

体調管理には気をつけましょう。

 

 

今日は背中の痛みについてです。

肩こり専門でやっていると、首、肩こり、そして背中の

痛みはだいたいセットで訴える方が多いです。笑

 

 

だいたいみなさんが訴える部位も似ていて、

それが肩甲骨です。

 

 

その原因がなんといっても不良姿勢にあります。

特に背中が凝る原因は猫背の姿勢です。

 

 

僕らは長時間座っていたり、スマホ、パソコンを

使う時間が増えています。

 

 

 

 

そうすると、どうしても背中が丸まりやすくなり、

肩甲が外側に引っ張られる形になります。

 

 

これに大きく関わっているのが広背筋という筋肉です。

広背筋は人体で最も面積の大きい筋肉と言われ、

その上部は僧帽筋によって被われています。

 

 

 

下位6つの胸椎の棘突起・腰椎の棘突起、正中仙骨稜、腸骨稜から起こり、

筋束は外上方へ集中し、大円筋を包み込むように前方へ回り込み、

扁平な腱で上腕骨の小結節稜に付着します。

 

 

広背筋は本来、体幹部の筋肉ですが大円筋と伴に

主に肩関節の内転、内旋、伸展といった動作に関与し、

特に伸展動作では最も重要な役割を果たしています。

 

 

長時間不良姿勢を続けていると、肩が丸まり(まき肩)

それと同時に広背筋が硬くなります。

 

 

猫背の状態ですと肩甲骨が外側に引っ張られ、

背骨付近の筋肉がそれに引っ張られ、

ストレスがかかります。

 

 

背中が凝る原因は広背筋にあることが多いです。

もちろん全てではありませんが。

 

 

でも痛いとこつらいとこをもんでもすぐ、

症状が戻る経験はないでしょうか??

 

 

それは原因をしっかり究明できていないから

だと思います。

 

 

ただつらいとこをマッサージしても

それはその場しのぎにしかなりません。

 

 

まずはしっかり原因を究明し、食生活や運動習慣を

つけるといったことをしていければ、

身体は改善していくとおもいます。

 

 

もし何をしても症状が改善できない方は

ご気軽に相談してみてくださいね!

 

 

本日はそう言ったお話しで。

ブログを読んで頂き本当にありがとうございました。

 

 

HPはこちらから

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

左腰の痛み

 

 

From  治療院のデスクより

 

 

こんにちは。

寒くなってきました〜

風邪をひかないよう気をつけましょう!

 

 

先日きた患者様が左腰に違和感があるという事で

来院してくれました。

 

 

野球をしてから痛みが出たという事でした。

デスクワークをしていても違和感があり、

強い痛みという訳ではないみたいでした。

 

 

動きとしては、腰を捻ると左側の腰に違和感に

出ると言った感じです。

 

 

いつも通り評価していくと、痛みの原因が

左のお尻と、右脇に原因がありました。

 

 

野球で投球動作を繰り返し使っており、

負担がかかり痛みの原因になったと考えられます。

 

 

投球動作で右投げの場合、ボールをリリースする場合、

左足で着地し、体重を預けます。

 

 

その際重心を安定させるのが、臀筋の筋肉を使います。

これを繰り返しいれば、臀筋の筋肉が硬くなり

筋膜がねじれます。

 

 

またボールを投げる際、肩を酷使するために

右肩に負担がかかります。

 

 

そのため左臀部、右肩をケアーしてあげれば

腰の痛みが軽減します。

 

 

 

 

上記がスパイラルラインですが、

この筋膜上に原因があれば、他の部位に

痛みが出てしまいます。

 

 

これが痛みがある部位に原因がないと

説明できます。

 

 

痛みがある部位だけでなく身体の全身を

見ることが大切になってきます。

 

 

腰が辛くて電気をかけたりマッサージをしても

なかなか改善しない場合、施術するポイントを変えて

見てくださいね^^

 

 

本日はそう言ったお話で。

ブログを読んで頂きありがとうございました。

 

 

HPはこちらから


目の奥が痛い

 

 

From  治療院デスクより

 

 

こんにちは。

今朝寒かったぁ〜。

 

 

と思いきや昼間は暖かく清々しい天気!

洗濯物もよく乾きますね。

 

 

今日きて頂いた患者様が肩が凝りをなんとか

したいという事できてくれました。

 

 

お仕事がデスクワークという事もあり、肩がこり

頭痛、目の奥の痛みがありました。

 

 

今日はその目の奥の痛みについてお話ししていこうかなと思います。

近年僕らはスマホやパソコンを多く使います。

 

 

また車の運転や下を向いている時間も長く

なっているといわれています。

 

 

その際頭が前に出てしまうことが多いです。

それをストレートネックというのですが、

 

 

 

 

現代人はストレートネックな方が多いです。

実はこれが原因で目の奥の痛みの原因になっている可能性があります。

 

 

その中でも原因になっている可能性が高いのが、

後頭下筋群です。

 

 

 

 

後頭下筋群は小後頭直筋、大後頭直筋、上頭斜筋、下頭斜筋という

頚椎後面の深層部にある4つの筋肉の総称の事を言います。

 

 

後頭下筋群はそれぞれ第1頚椎~第2頚椎から起始し、

頭蓋骨や環椎に停止します。


主に上部頚椎を伸展、側屈に関与し、大後頭直筋と小後頭直筋は

特に回旋動作に関わっていると言われています。

 

 

一つ一つはとても小さい筋肉でそれほど大きな力を

有しているわけではありませんが、

 

 

重い頭蓋骨をカメラの三脚のように支え、動かしている筋なので

とても重要な役割を果たしています。

 

 
これらの筋肉に過剰なストレスが加わるとしばしば頭痛や

目の奥の痛みの原因に繋がってしまうことがあります。

 

 

ストレートネックになると後頭下筋群にストレスが

かかり、硬くなって症状が出る方が多いです。

 

 

実際に首、肩が凝っている人は、頭痛や目の奥の痛み、

吐き気、耳鳴りのどれかが併発している方が

ほとんどだと思います。

 

 

100%目の奥の痛み=後頭下筋群ではありませんが、

かなりの確率で関わっていると考えられますので、

ぜひ1度施術してみてください!

 

 

患者さん自身も後頭部の凹んでいる部分を自分で

痛みがない程度に押して頂ければ、マッサージ

できますので、やってみてください^^

 

 

本日はそう言ったお話しで。

ブログを読んで頂きありがとうございました!

 

 

HPはこちらから

 

 

 

 

 

 

シンスプリント改善

From  治療院のデスクより

こんにちは

今日は天気が悪いです。

昨日は暑いくらいだったのですが、

今日は1日中雨です。

明日は台風が近づいているので、

家から出ない方が良さそうですね。

台風対策をしっかりしましょう!!

さて本日はシンスプリントについてです。

なぜこの話かといいますと、実際に通院されている方が

いるからなんですが、

なかなか聞きなれない方もいると思うので、

説明していこうかなと思います。

シンスプリントは過労性脛骨骨膜炎とも 呼ばれます。

(脛骨は膝〜足首の間の骨の内側の骨のことをいます)

そして脛骨に痛みが出ますが、この痛みはある1点に集中する痛みとは違い、

筋肉が骨に付着するラインに沿って 起こります。

始めは運動開始時の不快感から始まり、ひどくなると朝起き上がる際

日常生活の動作の中でも痛みが生じるようになります。

さらに 進行すると脛骨の疲労骨折に至る可能性もあります。

発生機序としては、反復するランニングやジャンプを過度に 行った場合や

硬い地面で長時間走ると発症すると言われています。

脛骨の内側にはヒラメ筋・後脛骨筋・長母趾屈筋とよばれる地面を蹴る筋肉が付

着しています。

これらの筋肉が過剰な運動により柔軟性が低下し、

脛骨の表面を覆う骨膜と呼ばれる膜を引っ張り、

微細損傷をきたし脛骨の内側に痛みを発生させると考えられています。

また、ランニングやジャン プ動作でかかるストレスが骨へのたわみやゆがみを

引き起こすことも原因の一つです。

そして筋膜の点で考えると、ディープフロントラインが硬い方が

多い特徴があります。

上の図がディープフロントラインになるのですが、

このラインが硬くなると、身体の軸がうまく

使えなくなり、足が上がりにくくなったり、

知らず知らずのうちに走るフォームが崩れたりもします。

そして脛骨部位が痛くて施術しても、ラインが硬くなれば

施術してもまたすぐに戻ってしまいます。

またこの患者様は体全体のバランスも崩れていました。

陸上選手はトラックで練習する際同じ方向をぐるぐる

走る選手が多いイメージがあります。

そのため身体左右のバランスが崩れている方が多いです。

現に足の長さにも大きな差がありました。

このようにシンスプリントを改善する際は、練習量、環境、インソール

などの改善はもちろんですが、

身体全体の施術が必須になります。

そうすればシンスプリントに限らず様々な症状を改善できるのでは

ないかと思います!

本日はそう言ったお話で!

ブログを読んで頂きありがとうございました!

四十肩

五十肩

背中の痛み

慢性の肩こり

長年の慢性腰痛

坐骨神経痛

頸の痛み

寝違え

膝の痛み

脊柱管狭窄症

腰椎ヘルニア

手の痺れ

肘の痛み

ぎっくり腰

など

その他、お身体の不調のお悩み

ぜひご気軽にご相談下さい!

木更津駅東口徒歩6分

無料駐車場あり

エキテン  http://www.ekiten.jp/shop_83810163/

Fb       https://www.facebook.com/seitaishinki/?ref=bookmarks

電話、メール、LINEにて腰痛のお悩みなど無料相談実施中!!
まずは気軽にご相談ください^^

千葉県木更津市で唯一の肩こり専門 整体院 真輝 〜しんき〜

住 所:千葉県木更津市朝日1ー2ー29 シグママンション朝日A108号室
営 業:9:00〜21:00(最終受付20時)
定休日:不定休

電話:080ー3725ー0226
※施術中は電話に出れませんので、留守電にメッセージを残していただけると助かります。こちらから必ず折り返し電話をさせていただきます。

メール:h3004n0712@gmail.com
メールでは24時間予約を受け付けております。

下記の内容を記入の上、メールを送信してください。こちらからお電話させていただきます。

①お名前
②電話番号
③お悩みの症状
④予約希望日時 を明記の上ご連絡ください。

【LINE】

簡単にご予約頂けます!!
LINEはこちらから

↓↓↓

①友達追加

まずは上のQRコードかもしくは以下のIDを入力して友達登録をして下さい。                ↓↓

@ijq7017l

②メッセージ入力

「お名前」「症状」「ご希望のお日にち」「時間帯」「電話番号」を

送りいただきましたらこちらからご連絡させていただきます。

この痛みはどうしようもない、と諦めているあなたからのご連絡をお待ちしております。

正しい評価と施術を受けて根本的に肩こりのない体を手に入れてみませんか?

↓↓

千葉県木更津市唯一の肩こり専門整体 整体院 真輝〜しんき〜

HPはこちらから


肩こりになんで筋膜リリース?

From  治療院のデスクより

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門

 

整体院 真輝〜しんき〜

 

こんにちは^^

今日は天気もいいし暖かいですね。

午前中に時間があったのでポスティングをしてきました^^

今日は筋膜についてブログを書いてみようかなと思います。

そもそも筋膜とは体のどの部分なのかご存知でしょうか?

筋膜とは、その名の通り筋肉を覆っている薄く柔らかい膜のことです。

鶏肉を料理するときにある白い膜をイメージしてもらえるとわかりやすいかと思

います。これが筋膜で、このような膜が人の筋肉にもあります。

この筋膜は全身をウエットスーツのように全身を覆っています。

体の深層部から表層部までを立体的に包み込んでいるので、

体の組織を支える「第2の骨格」とも呼ばれています。

筋膜は主にコラーゲンと水分でできているため、とても柔らかい組織です。

なので長時間同じ体勢でいたり、姿勢が悪かったりすると、筋膜同士や筋肉など
に絡まったり、くっついたりします。
そうすると筋膜にシワができて、そのシワが筋肉を引っ張ったりするため、肩が
凝ったりしてしまうと言われています。
また筋膜が張り付いたりすると筋肉の動きも悪くなるので、血行不良に繋がり、
肩こりを引き起こすともいわれています。
入れ物が悪ければ中に入っている物も痛んでしまいますよね?
それと一緒で筋膜が捻れれば、それに覆われている筋肉も異変が起きますよね。

筋膜のくっつきや、ひっかかりが体のコリに繋がるなら、筋膜をほぐして正しい

状態に戻す必要があります。

この筋膜にアプローチしてシワを伸ばしたり、緩めたりするのが

“筋膜リリース”です。

筋膜リリースは代謝アップにも効果的なので、むくみのケアやダイエットにも効

果があります。

また筋膜を緩めることで筋肉がスムーズに動かせるようになるので、ケガをしに

くくなると言われています。

 

 

上記の画像は僕がよく患者や様に説明するものです。

例えば青丸のとこに筋膜の捻れができたとします。

動きが悪くなります。そうなると、無理が集りその部位に痛みやコリの
症状が出現します。
この場合痛い部分を施術しても意味がないですよね??
青丸の部位を施術しないと根本的には改善できません。
肩こりも一緒です!
肩が辛いからそこを揉めばいいわけではないです。
どこの筋膜がねじれているか、ちゃんとに見つけてあげることが
大切になってきます。
あなたは辛い肩こりを改善したくありませんか?

正しい評価と施術を受けて根本的に肩こりのない体を手に入れてみませんか?

 

↓↓

 

千葉県木更津市唯一の肩こり専門整体 整体院 真輝〜しんき〜

 

HPはこちらから

 

 

10月26日(月)まで
先着3名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

080-3725-0226

【受付時間】9時〜20時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は9時〜20時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。